自分で出来る改善法

看護師

食生活を改善しよう

現在は食生活が欧米化してしまい、逆流性食道炎の患者が増えているとのデータがあります。そのため、改善のためには高脂肪と高タンパク質の食生活を改めて、バランスの良い食事を意識することが重要になります。また、発症のリスクを高めてしまうので、過度なアルコール摂取は控えるようにしましょう。

逆流していると感じたら枕を高くする

日々を意識して生活していても、体調不良や疲労が溜まることで軽い逆流が発生する場合があります。そんなときは寝る前に一工夫することで症状を改善することが出来ますよ。逆流性食道炎の症状が最も出るのは起床時になります。そこで、頭から背中にかけてタオルを入れて、予め頭を高くして寝ることが効果的になります。それだけで、逆流を防ぐ可能性が高く、軽い症状だと改善に期待が持てるでしょう。

オリーブオイルで予防する

実は便秘で悩んでいる人の約10%は逆流性食道炎であることが判明しています。便秘によってお腹が張った状態になると、胃は腸から圧迫を受けるので、胃液が押し上げられて逆流が起こってしまいます。つまり、便秘を改善すると、逆流性食道炎の予防にもなります。そこで活躍するのはオリーブオイルです。オリーブオイルを適量摂取することで、小腸内に溜まって便の排出をサポートする潤滑剤になってくれます。また、小腸を刺激して、蠕動運動を高める効果もありますよ。

漢方を活用する

逆流性食道炎は主に日々の食生活や生活習慣を改善することで、予防することが出来ますが、それをより確実にするためには漢方を活用していくのがおすすめになります。漢方を摂取することで、不快な症状を改善させることや、胃のトラブルを予防するために必要となるでしょう。逆流性食道炎の漢方薬で有名なのが、「六君子湯」になります。胸やけなどの胃腸症状や喉の痛み、異物感などの症状にも効果があると言われています。確実に改善したい際は、積極的に漢方薬も活用しましょう。