治療のために病院へ行こう

医者

症状が重い場合は病院に行くこと

逆流性食道炎は一時的な症状や軽度な症状なら、薬局などで売っている医薬品で改善することがあります。ですが、逆流性食道炎の症状が頻繁に発生しており、その上重い症状なら別の病気の可能性があるでしょう。そのため、症状が苦しい場合は遠慮せずに専門の医師に相談を行なうことが重要です。

受診は専門の胃腸科や消化器科で

胃の病気となっているので、病院に行く際は専門の胃腸科や消化器科に行くと良いですよ。胃腸科などはすぐに胃カメラ検査を推奨してくるので、詳しい検査やちゃんとした治療を取り組んでくれます。なお、逆流性食道炎ではなくても重大な病気が隠れている可能性もあるので、早期発見と早期改善が何より大事でしょう。

改善に効果的な「胸やけ外来」

胸やけ外来とは、一向に治る気配がない胸やけや原因不明の喉の違和感が続くなど、基本的に逆流性食道炎を対象とした専門外来になります。これは最近増えている外来で、症状の原因を詳しく調べるために専門医が問診と高度な検査を行なってくれます。そうして、原因に合わせた治療をします。この胸やけ外来は、逆流性食道炎で悩んでいる人たちにとって心強い味方になるでしょう。